活性酸素検査

活性酸素とは?

活性酸素の説明をする前に、皆様は以下のような現象を目にしたことがあると思います。

鉄釘を放っておくと、さびついてぼろぼろになってしまった

みずみずしいリンゴの切り口が、時間が経ってやがて褐色へと変化した

これらの現象はいずれも「酸化」によってもたらされているのですが、実は上記のような現象は私たちの身体の中でも日々行われているのです。

人間は酸素を吸って生きていますが、吸った酸素の一部は「活性酸素」と呼ばれる物質に変貌します。
この活性酸素は適量なら殺菌作用をはじめ免疫機能の向上を働きかけるのですが、過剰になってくると体内の細胞や組織を酸化させ、いずれはサビつかせます。

さびついた細胞や組織はその後体内であらゆる現象を起こし、老化促進、がん・動脈硬化、皮膚の変性(しみ・しわ)、パーキンソン病・アルツハイマー症など、至る病気の原因となってしまうのです。

もちろん、私たちの身体の中にはこの活性酸素のもたらす身体のサビつきを防ぐための酵素を持っていますが、中年期を過ぎたころから酵素は徐々に機能を失い始め、活性酸素の処理をうまく行えなくなってしまいます。

活性酸素を体内に過剰に増やしてしまう原因

  • ・タバコ
  • ・アルコール
  • ・精神的なストレス
  • ・過度な疲労大気汚染
  • ・排気ガス
  • ・過度な紫外線
  • ・放射線
  • ・電磁波
  • ・過度な運動、運動不足
  • ・食品添加物
  • ・不規則な生活偏った食生活(脂質・糖質の摂り過ぎ)
  • ・肥満など

サビつきと関連する諸症状

  • ・老化促進
  • ・動脈硬化
  • ・がん皮膚の変性(しみ・しわ)
  • ・パーキンソン病
  • ・アルツハイマー病
  • ・白内障
  • ・気管支ぜんそく
  • ・虚血性不整脈
  • ・心筋梗塞
  • ・胃潰瘍
  • ・大腸炎
  • ・糖尿病
  • ・腎不全など

活性酸素検査受診チェックリスト

活性酸素検査では身体の中の活性酸素量およびそれが招く身体のサビつき度がわかります。
以下に該当する方はこの検査の受診をご検討ください。

  • 閉経後の女性
  • 喫煙者
  • 飲酒量が多い方
  • 屋外で紫外線を浴びる機会の多い方
  • メタボリックシンドロームと診断された方
  • ファストフードやコンビニ食が多い方
  • 強いストレスを受け続けている方
  • マラソンなどの激しい運動をしている方

活性酸素検査

活性酸素検査には次の2通りの方法があります。

血液採取による「OS-APtest」

血液を採血し、活性酸素によってダメージを受けた脂質・タンパク質・アミノ酸・核酸などの有機物が変化した分子(ヒドロペルオキシド)の値を測定することにより、体内の酸化ストレス度(サビつき度)を分析します。
サビつき度の検査値が標準より高ければ、がんや心筋梗塞、老化促進などを招く危険性があります。

尿採取による(8-OHdG)

活性酸素の攻撃によって傷ついた遺伝子、8ヒドロキシーデオキシグアノシン(8-OHdG)という物質が尿中に直接排出されます。
そこで尿を採取し、解析することにより、あなたが受けているサビつき度を測定する方法です。

料金表

血液採取による活性酸素検査 直接お問合せください。
尿採取による活性酸素検査(EDTA) 直接お問合せください。

身体のさびつきは放置しておくと重篤な病気の引き金となる可能性があります。
まずは検査からいいので、上記の活性酸素を増やす原因となる項目に多く該当する方はお気軽に当院にご相談ください。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。