免疫療法

一般的に行われているがん治療に、外科治療(手術)、化学療法(分子標的薬を含む抗がん剤による治療)、放射線治療の3つがあり、これらを総称して「三大がん治療」と呼ばれています。

近年では、この三大がん治療に加えて、“第4のがん治療”として注目されているのが免疫療法(イムノケア)です。

免疫とは、体の中に侵入した異物を排除する役割を持った、誰もが生まれながらに備えている能力です。
この能力を、がんの治療を目的として高めることで改善効果を図るのが「がん免疫療法」です。

免疫療法(イムノケア)の仕組み

がん細胞は、身体の正常な細胞が変化したもので、人の身体の中では毎日がん細胞ができています

では、なぜ全員ががんにならないのでしょうか。

実は、このがん細胞は通常ポリスマンの働きをする免疫によって攻撃されるため、がんという病気にはならないようになっているのです。

免疫にも、正の免疫(Th1)・負の免疫(Th2)というものがあり、このバランスがとれているとがんにはなりません。

免疫療法ではこの仕組みを利用し、正の免疫を高めることでがんの治療を行っていく、副作用のほとんどない治療法です。

免疫療法(イムノケア)での治療方法

免疫療法では、医薬品と免疫賦活食品とを組み合わせることで正の免疫を高め、負の免疫をおさえます。

そして、樹状細胞(DC)よりIL-12を誘導し、それによって、キラーT細胞、NKT細胞(NK細胞とT細胞の双方の特徴を持つ)とNK細胞が活性化され、がん細胞のみを攻撃します。

同時にがん細胞のみが作る血管(栄養や酸素を運ぶ)を阻害し、がんを兵糧攻めにします。

これらの働きを補うために、各種のビタミン・ミネラル類を加える処置も同時に行っていきます。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。