血液オゾン療法

このような症状でお悩みではありませんか?

まずは以下の項目をチェックしてください。あなたは同じような症状やお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 最近病気をしがちだ。
  • 体が疲れやすくストレスがきつい。
  • 肩こりやむくみに悩まされる。
  • 健康診断でコレステロール値が高いと言われた。
  • 糖尿病の恐れがある。
  • 血圧が高く、心筋梗塞や脳梗塞が不安だ。
  • がん(ガン)家系だから、がんに不安を持っている。
  • 体が冷えやすい。
  • アレルギーが多く、アトピーの症状もひどくなってきた。
  • お肌のシミやくすみ、しわが気になる。

こうした身体の悩みの原因を解消できる可能性を持っているのが血液オゾン療法です。



ヨーロッパを中心に広く実践されている療法

血液オゾン療法は、40年以上前にドイツで開発されたものであり、ヨーロッパを中心に広く実践されている療法です。

この療法は、自分の血液を体外に取り出して、オゾンで洗浄した後、その血液を体内に戻すという工程を経ます。

オゾンで洗浄された血液は鮮やかな赤色を取り戻しサラサラになり、また少量のオゾンガスは抗酸化力を高めます。
私たちは、酸素なしでは生きていけませんが、身体の酸素の一部は、高い酸化力を持つ活性酸素に変化します。
この活性酸素は、金属のさびのように細胞が劣化させ、老化を進め、血管を劣化させることで、動脈硬化を引き起こしたり、がん化やがん細胞が増殖を進めたりします。こうした活性酸素の働きを抑える作用を「抗酸化力」と言います。

オゾンで洗浄された血液の第一の特色は、抗酸化力を高めることです。

赤血球の中で酸素を運搬する役割を担うのがヘモグロビンですが、ヘモグロビンと酸素の結び付きが強すぎると、体内の隅々に酸素を供給することが難しくなります。
オゾンが血液と接触すると、まずヘモグロビンが、酸素との結び付きを弱める物質がつくられ、赤血球が、酸素の多いところから酸素の少ないところへどんどんと酸素を供給できるようになります。
過剰な酸素が悪さをすることを防ぎ、酸素が不足している細胞に酸素を提供することで、抗酸化力を高めることが確認されています。

そして、さらにオゾンは、血管を拡張し、血液をつくる骨髄に対して、活性の高い赤血球をどんどんつくる物質をつくります。

このように、抗酸化力で「体のさび」を解消・予防し、全身の細胞を活性化し、ストレスや疲労への対応力を高め、老化を防ぎ、免疫力を高めることで、さまざまな領域の病気の治療・予防に効果が期待されます。
また血管を拡張する作用によって、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞の予防効果が確認されています。




お悩みの方はご相談ください

上のようなお悩みをお持ちの方や若く健康な身体づくりにご興味のある方は、メール、またはお電話にてお気軽に当院にご相談ください。

Column 血液の役割と免疫力について

人の身体を構成する重要な要素の一つが血液です。体を健康に保つためにはこの血液がいつもキレイで健康である必要があります。血液は主に二つの大事な役割を担っています。
一つが全身に60兆あると言われている細胞に必要な酸素や栄養素を運び、また不要な老廃物を処理する役割です。
そしてもう一つが筋肉や肝臓から発生した熱を受け取って分配し、体温を維持する役割があります。

この血液が不健康でどろどろになってしまうと、栄養素の分配・老廃物の処理機能が低下するばかりか、血液の身体を循環するスピードに遅れが生じ、体温は低下します。低体温代謝、免疫機能の低下を招き、これが病気の原因となります。
これとは逆に、血液がきれいでサラサラの状態だと、血液は体内を正常に循環し栄養素は隅々まで良好に行き渡り、さらに体温、免疫力ともに高まっていくのです。

つまり、血液には…
細胞に必要な酸素や栄養素を届け、不要な老廃物を処理する役割
熱を受け取って、全身を温め、隅ずみまで体温を維持する役割

があり、これらが正常に機能していることが、免疫力を高め、若く健康な身体をつくることに不可欠な条件となるのです。

また、血液オゾン療法によってサラサラに浄化された血液は本来の役割をいかんなく発揮するだけでなく、オゾンと混和し抗酸化力が強化された血液は、

エネルギー増加、循環改善、酸素化、免疫強化
万能細胞である骨髄幹細胞の稼働化

の二つの領域に働きかけ、体内の隅々に行き渡って様々な成分を生成・反応を起こします。

  • 赤血球の酸素化、流動性の向上
     冷え性、細胞活性化、動脈硬化予防などに貢献します。
  • ミトコンドリアからATP(エネルギー)を増産
     疲労回復やスタミナの増強などに効果を発揮します。
  • 抗酸化酵素(グルタチオン、SODなど)の増産
     錆びない健康な体、病気や老化予防、癌(がん)やパーキンソン病の予防と治療に役立ちます。
  • リンパ球に作用してT細胞、B細胞、NK細胞を増加
     免疫強化、がん(がん)や感染予防と治療に使われます。
  • 血管に作用し血管を拡張
     冷え性、肩こり、認知症改善を促進します。
  • 骨髄幹細胞の稼働化
     傷害臓器を修復します。

施術の流れ

Step 1:専用のビンに採血

オゾン療法_1血液の採取(100ml~約250ml)。
専用容器が陰圧のために血液が吸い込まれる。

Step 2:オゾンガスを注入

オゾン療法_2
医療用オゾンを専用容器内の血液に加える。
使用するオゾンの量が重要で、
最適な量のオゾンを正確に測定します。

Step 3:血液とオゾンの混和

オゾン療法_3
専用容器内で、血液にオゾンガスを溶解させます。
(血液はオゾン化で鮮やかな赤色に変色)

Step 4:点滴

オゾン療法_4
オゾン化血液を点滴で体内に戻します。
以上約30分ですべての工程を完了します。

以上の4ステップの簡単な工程です。
施術後は患者様ご自身で身体がポカポカと温まる心地よい感覚があったり、頭がスッキリとしてくる、視界がクリアになるなどの効果を実感することができます。

血液オゾン療法の副作用

当施術で使用する器具(専用注射筒、専用注射針、専用採血ビンなど)は毎回新しいものを使用し、操作はすべて閉鎖空間で行われるため、血液が外気と触れることはなく安全面で万全を期しています。
血液オゾン療法において、起こりうる副作用、施行後に感じるだるさと頭痛です。
このだるさと頭痛は12時間程度で改善されますが、1日を経ても症状を感じる場合には、当院で適切な対処をいたします。

治療回数の目安

この血液オゾン療法は、1回の施術でも効果が期待できますが、治療回数が増えるにつれて、その効果・持続日数ともに上昇するという特徴も持っています。

治療回数の目安としましては、

  • 健康持続、老化予防、疲労回復の目的の場合は月に1~2回の治療で効果を維持できます。
  • ガンの術後やウイルス性疾患の方の免疫力向上の目的の場合は、週に1~2回の治療が必要です。

料金表

検査料金 20,000円(税抜)

以上が血液オゾン療法のご紹介です。
最後にもう一度その効能を述べさせていただきますと、血液オゾンは、

血液の抗酸化力を飛躍させることで老化防止に大きく貢献し、
またそれがもたらす免疫向上による様々な領域の病気の治療・予防に効果を発揮します。
それにより若く健康な身体づくりを実現します。

冒頭に述べました症例・お悩みの項目に心当たりをお持ちの方や、若く健康な身体づくりにご興味のある方は、メール、またはお電話にてお気軽に当院にご相談ください。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックは、あらゆるがんに対処する努力を重ねております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。