CSC検査
(盾循環細胞の検査)

CSC (Cancer Stem Cell)は日本語で「がん幹細胞」と呼び、これはがんを作り出すと考えられている細胞を指します。

すでにがん化した細胞を傷害し、縮小しても、がんを作り出す「幹細胞」が残っていれば、再びそこからがん細胞が生み出され転移、再発をくり返すことが分かってきました。

つまり将来のがん治療の展開において、ターゲットとするべき主要のがん細胞がCSCとなります。

がん治療において、一般にがんの種類(病名)によって特定の抗がん剤を投与しますが、同じがんでも個々人によって、またその種類によって効果の出る抗がん剤の種類は異なります。

そこで、がんに罹患すると原発巣を切除した後でも、血液中に少量のCSCが循環するようになるので、これを採取濃縮培養して検査をする手法をCSC検査と呼びます。

CSC検査の方法

採取した血液から実際に培養したCSCに数十種の抗がん剤と天然成分(ビタミンC、ウクライン、マイタケ、フコイダンなど)を投与して、どの抗がん剤や天然成分に、がん細胞を殺傷する効果があるのかを分析します。

また、血液中の循環しているがん細胞を調べて、放射線治療が効くがん細胞かどうかを判定しています。
そして、薬剤耐性を持ちやすいのか、あるいは転移と再発する力が強いのかどうかなども調べられます。

がん細胞に発現している分子(マーカー)を調べて、どのモノクロナール抗体が有効かも判定します。

それらをレポートにまとめ、丁寧に結果をご説明させていただきます。

CSC検査の流れ

Step 1

問診、診察

Step 2

血液採取

Step 3

再診にて結果説明、生活アドバイスおよび治療方法のご提案

Step 4

陽性の場合は食事生活改善を行った上で体調を見ながら、2~6ヶ月程度の間隔でのフォローアップをおすすめしております。

CSC検査の対象者

  • がんと診断されている患者様で、個別の治療法に関する多くの情報を求めている方
  • 既にがんの治療を受けていて、その効果を検証されたい方

CSC検査にご興味・ご関心をお持ちの方はこちらの窓口にお気軽にお問い合わせください。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。