がん遺伝子検査

「CANTECT遺伝子検査」と呼ばれるがんの遺伝子検査では、血液から遺伝子を調べることで多数のがん関連遺伝子の状態を一括検査・解析し、がんの超早期リスク診断を行います。 
この検査によってがんの超早期の発見が可能になり、予防管理・再発防止管理ができるようになります。

Column がん遺伝子とは?

正常細胞の「がん化」に関与する遺伝子の変異を調べ、画像診断では発見不可能な分子レベルの微細ながん細胞の存在リスクを評価し、がんの超早期診断を可能にします。
また、目に見えない「がんリスク」を顕在化し、がん予防・がん再発防止のための新たな指標を提供します。

部位別がん関連遺伝子

検査の流れ

検査の流れ

Step 1

検査内容のご説明

Step 2

採血(20ml程度)

Step 3

検査

Step 4

レポートにまとめてお渡し

Step 5

診断結果のご説明

がん遺伝子検査と他の検査との違い

検査方法の比較

一般のがん検診との違い

現在の医療現場では、がん組織の画像および病理診断による確認を経て、医師による総合的な見地から「がん」であることが診断されます。
つまり、画像等で確認できる程度まで大きくなったがん細胞しか発見することができませんでした。
しかし、CANTECT遺伝子検査を行うことで、発がんする前の分子・細胞レベルのがんを発見することができるようになりました。
発がん前の微細ながん細胞を早期に見つけ出すことで予防的にがんと戦うことができます。

腫瘍マーカーとの違い

腫瘍マーカーは血液中に放出されたがん組織由来のたんぱく質などを抗体により判定するのに対し、CANTECT遺伝子検査はがん由来の核酸(DNAやRNA)を遺伝子解析技術を用いて検出しますので、微細ながん細胞を発見する事ができます。
ただ、腫瘍マーカーではがんの状態や種類により検出されない場合があるのと同様、CANTECT遺伝子検査も検出不可能ながんが存在する可能性もありますので、相互に補完しあう形でのご利用が望ましいと言えます。

一般的な遺伝子検査との違い

一般に行われている生活習慣病に対する遺伝子検査の多くは、親から子へ受け継がれた先天的な遺伝形質を調べる検査です。
それに対し、CANTECT遺伝子検査は後天的に変化している「現在の」遺伝子状態を検査します。
したがって、この検査では、加齢や生活習慣、自己の免疫力の状態、がんの治癒状態により結果が変化します。

遺伝子解析について

料金表

検査料金 180,000円(税抜)

がん遺伝子検査では微細ながん細胞の発見によるがんの超早期発見が可能となります。
がんに不安のある方、診断にご興味・ご関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。