高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法とはその名の通り、高濃度のビタミンCを血管静脈内に点滴することによって身体の内部から様々な効果を得ることを目的とした点滴治療の一種です。

また、体に優しい副作用のないがん治療として注目を集めている医療です。
この治療法はがんの初期、再発予防から手術・放射線・化学療法が無効の進行がんの患者様まで幅広く受けて頂くことが出来ます。

ビタミンCは口からの摂取では血中濃度を3mg以上に高めることができません。
つまり、経口摂取には身体にもたらす効果に限界があることを意味します。

しかし高濃度のビタミンCを点滴によって体内に直接取り込むことで、体内の血中濃度は急激に高まりビタミンCのもたらす強力な効果(抗酸化作用・およびがん細胞を死滅させる効果)を得ることができます。

最初はビタミンCを少ない量から点滴を開始し、徐々に増量して、50~75gの治療濃度まで増量します。
点滴時間は1時間~2時間です。ビタミンCの投与量を決めるために、ビタミンの血中濃度を測定します。
免疫療法や温熱療法など他の治療法との併用も可能です。

Column 増えるがん患者数と予防への関心の高まり

日本での癌患者数、および癌が原因での死亡者数は1970年から現在にかけて急激に増え続けています。
特に注目するべきは前立腺がんと女性の乳がんです。
前立腺がん、乳がんの罹患者数、および死亡数は西暦2000年を境に急上昇を始めています。
これらの結果より学び取るべきは、癌はもはや誰もがかかる可能性のある身近な病気であるということではないでしょうか。
癌の早期発見は言うまでもなく、早期に、未然に疾患を防ぐことが必要となってきています。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。