CTC検査
(抹消血循環腫瘍細胞検査)

がんの未梢循環腫瘍細胞(CTC)をモニターする事で次の情報が得られます。

CTCの数量の測定(がんの悪性度)、免疫学的手法と分子生物学的な手法を組み合わせる情報が得られます。

術後、治療後の予後にCTCをモニターすることにより、完全な移転が出現して治療不可となる数年前に治療方針を組み立てる事が可能になります。
一般的に完全な移転後は現在のほとんどの治療法で不治です。

CTCの分子生物学的な格付けによりがんの休止期と転移性幹細胞の状況が理解できます。

これによりがん細胞の死滅が不可能でも、がんを休止期に保ち制御可能な慢性疾患に転移する試みもあり得ます。

※CTC(Circulating Tumor Cell)=「微少残存がん細胞」

検査でわかること

20mlの採血で簡単に検査できます。

がんの悪性度がわかる

CTCの数による死亡の最大要因である転移の問題と増殖の状況判断が可能となり対処が立てられる。(転移が発見された時点では治療困難と苦しみを伴う可能性が増える)

がんの循環細胞上に発現している遺伝子の種類と内容を検証

  • がん細胞が栄養をとる為の血管新生のレベルを検証
  • がん細胞の遺伝子転写の度合いをみて増殖を検証
  • がんのテロメラーゼによる不死化の状態を検証
  • がんのDNAの複製、細胞分裂へのメチル基の作用の検証

がん細胞をクローン増殖して投与する抗がん剤の生死別効果判定

これにより治療効果が最も高いと判断される抗がん剤が分かります。

  • がんの抗がん剤への抵抗性の有無
  • がんによる抗がん剤への解毒代謝の検証
  • がんのテロメラーゼによる不死化の状態を検証
  • がんのDNAの複製、細胞分裂へのメチル基の作用の検証

抗がん剤以外に有効な天然成分の検証

ビタミンC、ウクライン、マイタケ、レスベラトール、大豆、H202など50品目弱の天然成分をがん細胞に投与、A.直接のがん細胞障害作用 B.増殖因子の阻害 C.免疫活性による抗がん作用を検証。
多くの有効な天然成分がありますが一人一人の患者によって効果が分かりません。
迷いをなくすため、最も効果が期待できる天然成分の検証を試みます。(カスパーゼ3.9とシトクロームによる)

モノクローナル抗体とホルモンへの治療導入の判定

サリドマイド効果の検証

料金表

検査料金 370,000円(税抜)

がん末梢血循環腫瘍細胞検査にご興味・ご関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

サンクリニック

所在地

〒130-0022
東京都墨田区江東橋5丁目3番13号


診療時間

午前
午後

午前 9:00~12:00  |  午後 3:00~6:00
土曜 9:00~14:00 (木曜・日曜・祝日休診)

アクセス


大きな地図で見る

都営新宿線住吉駅(A2出口)・菊川駅(A3出口)徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 住吉駅(A2出口) 徒歩5分
住吉1丁目バス停前 徒歩5分

※お車でご来院の際は、近隣のコインパーキングをご利用下さい。

サンクリニックでは、あらゆるがんに対して治療を行っております。
まずは、お気軽にお問い合わせください。